公開履歴
紙の上にある薬

レビトラは、バイアグラに続いて世界で2番目に開発・製造・販売されたED治療薬です。
製造販売はドイツのバイエル社、2004年には日本でも販売され始めています。
有用成分にはバルデナフィルを含有しており、水に溶けやすい性質を持っているため発現が早く、即効性が期待できるのが特徴です。
発現のタイミングは早くて15分、平均して30分ほどで効果が見られるでしょう。
血中濃度到達時間も42分~54分と、バイアグラやシアリスに比べると最も早くなっています。
また、バイアグラに比べると食事の影響も受けにくく改良されているようです。
あまり知られていませんが、レビトラには、その名称に深い意味が込められていると言われています。

英語表記で書くと「LEVITRA」となりますが、「LE」はフランス語の男性冠詞、「VITRA」はラテン語で生命を意味しています。
そして、これを繋げると「男性の生命」と意訳できます。
性行為は生命を生み出すためのものであり、また命の源でもある男性器の機能向上をさせるという目的から、このような意味の名称がつけられたとのことです。
さらにレビトラのマークにも意味があります。

レビトラの薬剤の箱が手元にある方は確認してもらえばわかりますが、そこには炎のマークが描かれています。
この炎はマッチの火で「こすれば直ぐに着火する」という意味を比喩しています。
レビトラの特徴として即効性があげられていますが、つまり、レビトラは服薬すると「直ぐに効く」ということを表しているのです。

このようにレビトラは意外にも深い意味が込められて製造されているわけです。
服薬のタイミングでストレスをためたくない、即効性を期待したいという方はぜひレビトラを利用してみましょう。
病院でも処方されますが、レビトラを買うなら通販がお得です。
レビトラを服用して男の自信を身につけましょう。

記事一覧
レビトラのジェネリック医薬品はどうやったら買える? 2019年12月09日

現在、ED治療薬の一つであるレビトラにはジェネリックが存在しています。ジェネリックの良さは、同じ有効成分でありながら薬価がかなり抑えられているという点です。その為、EDで悩む人の中には先発医薬品ではなくジェネリックを利用したいと思っている人も珍しくありません。ただ現在の日本ではまだレビトラのジェネリ...