• ホーム
  • レビトラを服用してはいけない人の特徴や症状

レビトラを服用してはいけない人の特徴や症状

嬉しく笑っている男性

即効性のあるED治療薬として人気のレビトラですが、心臓に何らかの疾患があり、その治療のための薬を服用している人の場合は、レビトラを併用することができない可能性があるので注意が必要です。
たとえば不整脈の薬とレビトラは併用することが禁止されています。
医師から抗不整脈薬を処方されている人は、その薬とレビトラを併用することで心臓の動きに異常をきたす恐れがあるため、自分の判断だけで服用することは絶対に避けましょう。
医師の診察を受けてレビトラを処方してもらう際に、現在不整脈を患っていて、この種類の薬を服用しているということをきちんと伝えておくことが大切になります。
また狭心症や心筋梗塞を患っている人のなかで、ニトログリセリンを服用している人もレビトラを使用することはできません。
レビトラをはじめとするED治療薬とニトログリセリンは相性が悪く、リスクが非常に高まるため併用は禁忌です。
またニトログリセリンを服用していない場合でも、以前に狭心症や心筋梗塞を発症したことがある人がED治療薬を服用している場合は、もし万が一、心筋梗塞などを再び発症してしまった際にニトログリセリンを用いた治療をすると危険ですので、あらかじめパートナーとレビトラを服用している情報を共有しておくことが重要になります。
これら以外にも併用禁忌の薬はたくさん存在しますので、必ず医師に現在服用している薬や既往症についての情報を提供するようにしなければいけません。
最近はネット通販などで気軽に薬を購入することもできるのですが、このサービスは便利な反面、自己判断によるリスクも伴いますので、利用する際はきちんとした知識を身につけてから購入するよう心がけましょう。